白くするために

依頼者の審美的な要求に答えるのが審美歯科治療

「歯を白くしたい」、「金属の詰め物を白い歯に変えたい」などといった依頼者の様々な審美的な要求に答えるために審美歯科という治療があります。具体的には歯を白くするホワイトニングや、金属の詰め物を人口の白い歯に変えるセラミック治療、かけた歯の再生治療、歯並びの矯正などがそうです。 もっとも審美観は個人によって差があるため、出来るだけその要望に答えるのが審美歯科治療の究極的な目標と言えるかもしれません。 又それと同時に虫歯もしっかりと治すことが大事です。審美性は健康な歯が土台となるのが大前提です。いくら審美性を重視しても歯本来の機能を損なってしまっては本末転倒になってしまいます。丈夫さと美しさを兼ね揃えた治療が審美歯科なのです。

歯が美しいと人生は明るくなる

審美歯科治療は審美性と機能面を二つながら全うする形で行われるのが普通です。そのためにはまず土台となる歯が健全でなければなりません。虫歯のある歯に審美治療を施したところで美しくもなりませんし、歯そのものが健康になる事も無いのです。 美しさは健全な口腔内の状態を下地をするものです。そのため虫歯があった場合はその治療が優先されます。虫歯が無くなってはじめて審美治療を行えるのです。 歯が綺麗になれば笑顔が引き立ちます。笑顔が良くなればその人の人生も明るくなります。明るい人の周りにはより沢山の人が集います。そこには自然と幸福が形成されるのは言うまでもありません。 より良い人生を過ごすためにも歯は綺麗であった方が良いのです。そのために審美歯科があるのです。